美術館からのお知らせ

越後長岡 歴史館・博物館めぐりスタンプラリー

開催中の展覧会

須田国太郎展

会期2016年9月1日(木)〜 12月18日(日)(予定)

前期:9月1日(木)〜 10月30日(日) 後期:11月3日(木)〜12月18日(日)
※10月31日(月)〜 11月2日(水)は、作品入替えの為、臨時休館いたします。

入場料一般300円(20名様以上250円)大・高生200円 中・小生100円

昭和を代表する洋画家のひとり、須田国太郎(1891−1961)
京都帝国大学で美学・美術史を学ぶかたわら、自ら絵筆を執り、ヨーロッパへ留学。日本独自の油彩画を生み出そうと努力を重ね、深い色彩と明暗が特徴の重厚な作品を発表しました。
本展では、須田国太郎をはじめ、輝くような色彩と大胆な筆触で独自の世界を描いた梅原龍三郎、「シベリア・シリーズ」で知られる香月泰男などの作品をご紹介します。

須田国太郎 《叢》 1947年
前期展示

須田国太郎 《庭の花》 1951年
前期展示

須田国太郎 《白鳩》 1949〜51年
後期展示

須田国太郎 《魚市場》 1957年
後期展示